top of page
  • MIwa Hamada

創作の心構え 2

更新日:1月15日

鷲田清一 『大事なものは見えにくい』より


「ブランドとはものづくりの変わらぬフィロソフィーのことである。何が本当に大事かをわきまえている、そういうものづくりの精神への信頼のことである。」


「ものづくりの伝承がすごい、他の誰も真似できない伝統的な技法を守っている。そんな時間の厚みがブランドにはある。流行を超越しているので、時代遅れなものにならない。時間をかけて培ってきた独特の職人の技に裏打ちされ、だからクオリティが高く、修繕も効くので、いつまでも支えて、流行に振り回されるということがない。さらには、品質を落とさないための工夫、きめ細かな修繕の用意、品質保証やアフターサービスに現れている自信と誇り、顧客を大事にする姿勢。それらがブランドの「信頼」を醸成。」


自分流をブランドに例えるならば、私よ、自分の画について、または絵本について誠実に誇りを持って取り組むことを肝に銘じておきなさい。決して使い捨ての作品にならぬよう。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

松田さんの授業にて気づいたこと 絵本を作るとき気をつけること 1)登場人物になりきって感情を汲み取り、そのシーンを設定すること。 もし自分がその子供なら、そのシチュエーションではどんな仕草や行動、表情をするでしょう。 2)メリハリの大事さ 苦しみの後の喜びはさらに大きい。シーンの展開、絵の表現に強弱をつけていく。 3)色味の計算 目立たせたいものは引き立たせるよう、構成する。 プロの作家になる人、

鷲田清一 『大事なものは見えにくい』より *「読み聞かせ」について 「一人で寝付く時、枕元で母親が本を読んでくれるとする。その時、淀みない朗読に果たして心は解かれるだろうか。字を読み間違えてもいい。劇的な抑揚はなくてもいい。途中で居眠りして中断してもいい。それよりも、読みなれない本を、無理して、眠たいのを我慢して、自分のために読んでくれている、そういう場面に自分がいられることが心底嬉しいのではない

bottom of page