top of page
  • MIwa Hamada

子供が本当に求めているもの

鷲田清一 『大事なものは見えにくい』より

*「読み聞かせ」について


「一人で寝付く時、枕元で母親が本を読んでくれるとする。その時、淀みない朗読に果たして心は解かれるだろうか。字を読み間違えてもいい。劇的な抑揚はなくてもいい。途中で居眠りして中断してもいい。それよりも、読みなれない本を、無理して、眠たいのを我慢して、自分のために読んでくれている、そういう場面に自分がいられることが心底嬉しいのではないか。声が紛れもなく、自分に向けられているということが。」


「<私>を気遣う声、<私>に思いを馳せる眼差し。それに触れることで、私は<私>でいられる。気遣い合うこと、それは関心を持ち合うことである。ちなみに関心(interest)

の語源は(inter-esse)、「共にある」「相互に存在する」というラテン語のフレーズである。


子どもに限らない。自分を大事に思ってくれる人がいることの素晴らしさ。ありがたさ。

親が亡くなったとき、電話をくれた遠方の友人。手紙をくださった先生。

今年も変わらず年賀状をくれた古い友人。

その人たちがいてくれるから強く生きていける。

それなのに、

自分は一体、その人を大切にしているだろうか。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鷲田清一 『大事なものは見えにくい』より 「ブランドとはものづくりの変わらぬフィロソフィーのことである。何が本当に大事かをわきまえている、そういうものづくりの精神への信頼のことである。」 「ものづくりの伝承がすごい、他の誰も真似できない伝統的な技法を守っている。そんな時間の厚みがブランドにはある。流行を超越しているので、時代遅れなものにならない。時間をかけて培ってきた独特の職人の技に裏打ちされ、だ

絵本を作る人になりたいのなら、おざなりなものを作ってはいけない。 丹精込めて、絵を描くこと。 これ以上ないくらい精魂込めて創ること。 鷲田清一氏 『大事なものは見えにくい』より以下抜粋。 「おざなりなデザインというのは、どこか人を軽くあしらったところがある。 『「こんなものでいい」と思いながら作られたものは、 それを手にする人の存在を否定する』 人間は「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」

bottom of page