top of page
  • MIwa Hamada

絵本を作ること

松田さんの授業にて気づいたこと


絵本を作るとき気をつけること


1)登場人物になりきって感情を汲み取り、そのシーンを設定すること。

もし自分がその子供なら、そのシチュエーションではどんな仕草や行動、表情をするでしょう。

2)メリハリの大事さ  

苦しみの後の喜びはさらに大きい。シーンの展開、絵の表現に強弱をつけていく。


3)色味の計算

目立たせたいものは引き立たせるよう、構成する。



プロの作家になる人、ならない人の指標とは

1)「その絵が、その構図がベストなのか?」

と自分に問い続けることができる人が作家として残る人。

2)自分の価値観や世界を壊す勇気があり、他者としての目を備えている人


もしもアイデアがなくて、立ち止まったら

何かになってみる。

それを絵画化する。


もしもアイデアが思いついたら


いろんな角度から見る。客観性を持ってみる。

自分の思いから離れて、

「何が面白いか、何がよかったか、どんな気づきがあるか

他人から見た時どう思うか」などを検証する。



本日の参考絵本


「宮沢賢治とえほんの世界」YouTube

『くんちゃんとにじ』くんちゃんシリーズ

『おもち』



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

鷲田清一 『大事なものは見えにくい』より 「ブランドとはものづくりの変わらぬフィロソフィーのことである。何が本当に大事かをわきまえている、そういうものづくりの精神への信頼のことである。」 「ものづくりの伝承がすごい、他の誰も真似できない伝統的な技法を守っている。そんな時間の厚みがブランドにはある。流行を超越しているので、時代遅れなものにならない。時間をかけて培ってきた独特の職人の技に裏打ちされ、だ

bottom of page