top of page
  • MIwa Hamada

風のように走る


いつか若い頃

冷たい風に吹かれて走った

風に負けるもんかと

逆らって走った


今は思う

風になって 一体になって

無心に何も憂えず

その風の中を走りたい

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

水彩

学校での読書時間設定、読み聞かせなどは積極的に行うのがいいと思う。 ただし、中には読書に興味が持てない子供とか、児童期の私のようにクラスの皆と一緒に読書をするのが難しい(友達と遊んでしまう、または児童一人ひとりが個々の世界に入り、静かにしている雰囲気に耐えられない)子供もいるかもしれない。 そうではあっても、読書という行為に慣れているのは後々の生涯学習においても非常に大切なことだ。 お仕着せの、義

bottom of page