top of page
  • MIwa Hamada

待つこと

今朝、H社から選外の拙作が返送されてきた。

罰金でも弁償するかのように、1040円もの送料を払う。

痛いなあ、ああ、心もふところも痛いすぎる…。

でも、これはヤマトさんのせいじゃない。

全て私の実力不足。


部屋に戻り、なんでもないような顔をして、封を開ける。

ここで開けなきゃ、一生開けない。見たくない自分の作品。


気持ちは沼に突き落とされた感じ。

「なんでダメなんだろう」なんて言いながら、改めて見直すと

「そんなに悪くないやん、ええやん、イラスト。」

開き直って自分の作品への愛着は捨てない。


待つことが耐えきれなかったもう少し若かりし自分、

少し諦めの入った覚悟ができた今の自分。

人は時間の水流に流されて、岩にぶつかり心が丸くなる(のかな)。

変わらないのは未練だけ。


ようし、待つことを続けてみよう。

ここまで待ったのだから、自分の浅はかさに賭けてみよう、

と思いながら

まだ絵を描く。




絵たち、慰めてくれてありがとう ↓





「あーあ、今回も落選か。落ち込むなあ、ほんまに!」









「もう!仕方がないじゃないの。ブツブツ言わんと

 ほれ、次、いってみよう!👆」











「そうさ、命続く限り、情熱を燃やすんだ!

 頑張れ、老いるな!輝け、青春!」

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

deer

水彩

bottom of page